専用ステッカーで、イタくてカッコ良い痛車をつくろう

自分色の車

アニメやゲームのキャラのステッカーを使い、車を自分の色に染め上げてしまう痛車。何しろ車をカッコ良く仕上げることが出来、全国のアニメファン、ゲームファンとも交流できるというので、人気です。

好きなキャラクターを愛車に合体させましょう!痛車のステッカーはここが種類が豊富でオススメです!

クリアにカッティング

痛車に仕上げることが出来るステッカーの中には、「カッティングシート」を使ったものがあります。シャープで色鮮やか、クリアで鋭いその仕上がりは、僕らの痛車をもっとカッコ良くしてくれるのです。

隙のないシースルー

痛車に乗る者として大事なのは、前後左右に隙を見せないこと。車体を埋め尽くす勢いで貼られるステッカーも、要所々々でシースルーフィルムを取り入れると便利です。見るべきところにフッと目を向けながら運転できるのです。

イタい車

車のガラスコーティングを大阪で依頼したい方はコチラへ!技術力の高い專門のスタッフがピカピカに磨き上げてくれますよ。

痛車とは何か

「イタい」という感覚について知ることから始めないことには、痛車について理解することは永遠に不可能でしょう。なぜなら、痛車という言葉に含まれている「痛い」というのは、決して肉体的な痛痒を意味しているものではないからです。
ここで言う「イタい」とは、アイタタタ……と思わずつぶやき、見ているこっちが赤面しそうなほどの恥ずかしい、痛々しいさまを意味しています。
そして、痛車とはまさにその通り、はたから見れば恥ずかしい、痛々しく見えてしまう自動車のことを言うのです。車種は問いません。新車であろうが中古車であろうが構いません。
国産車でも外車でも何でも結構、とにかく4つ車輪がついていて、アクセルを踏み込めば走り出す自動車なら、なんだって痛車になります。
好きなアニメキャラのステッカー。それさえ用意すれば、準備は完了です。あとは、思うさま車を飾りましょう。
道ゆく人々に何となく恥ずかしい思いをさせながらも、「イタい……けど、カッコ良い!」と言われる、そんな車を目指して。

注文する

痛車を仕上げるためのステッカーは、専門のサイトを通して注文することが出来ます。そのデザインや色合い、サイズ、素材など、さまざまな項目について指定し、見積もりを取ることから始めます。
見積もり額を見て、「わが車を痛車に仕上げるための費用として妥当か否か」を考え、妥当というなら注文ボタンをクリックするのです。
カッティングシートを使った、よりシャープでカッコ良い仕上がりにすることが出来るステッカーもあります。また最近では自動車ばかりでなく、自転車もイタくカッコ良く仕上げられるサービスがあります。
それは痛チャリと呼ばれ、歩道と車道の間で人々の赤らんだ羨望の目を向けられているのです。